なぜECアプリが必要か?

スマホ時代にアプリは必須

視聴行動分析サービスを提供しているニールセンデジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)の2017年7月の発表によると、スマートフォン1日あたりの平均利用時間は3時間9分となっています。
その利用内訳は、アプリからの利用時間がwebブラウザからの利用時間の約5.5倍となり、全体の85%を占めるというものでした。

つまり単純に結果だけを見ても、webサイトをアプリに変えるだけで利用時間が増えるというメリットが期待できます

ECサイトのアプリ化は売り上げに貢献!

Eコマース大手サイトはすでに対応を済ませており、売上を上げるためにはすでに必須事項と言えます。
スマートフォンの使用用途は様々ですが、やはりSNSなどの情報発信が用途の主流であることは変わりません。
ただ徐々にショッピングツールとしての利用も拡大してきており、今後ますます需要が増すことは間違いないでしょう。

事実、実店舗に商品を見に行っても、購入はインターネットサイトからという消費者も登場しています。
これをチャンスと見れば、新規ユーザーの取り込みにもつながるでしょう。

また、アプリ化はユーザーの接触回数が増えるだけでなく、サイトの滞在時間を大幅に延ばせる可能性もあります。

プッシュ通知による開封率のアップ!

アプリによるプッシュ通知の開封率は平均50~70%といわれています。 対するメルマガの開封率は約5%未満と大きく引き離しています。

ECサイトのみで、ユーザーにアプローチする方法は限られていますが、 ECアプリにすることで、GPSプッシュ(実店舗の近くにユーザーが来たら自動プッシュ通知)の機能や、 予約プッシュ通知機能、セグメントプッシュによる顧客の囲い込みができ、顧客への接触頻度を増やすことが簡単にできるのが大きなメリットです。